読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レイラの浮世戦闘日記

日常と戦い過ぎて疲れ果てた21歳ニート。ゆとりとさとりのこじらせ女子。思ったことをつらつらと。

人間はゲスなんでゲス。

日々

※個人の感想です。

 

ゲスの極み乙女川谷絵音さんが離婚したそうですね。

 

まあ芸能人の色恋沙汰なんてどうでもいいんですけど、ベッキーとの不倫騒動を経ての離婚に依然世間の声は厳しいみたいで、ホント芸能人って大変だなーと思いました。作文。

 

 

そこで私思うんですけど、世の中芸能人のスキャンダルに対してちょっと厳し過ぎやないの。

 

と言うかマスコミの報道がやり過ぎ

 

芸能人を擁護するわけじゃないんですけどね。

彼らだって人間なんですから間違いのひとつやふたつくらいあるでしょうに、一回の失敗でそれとは関係ない過去の出来事まで引っ張り出して徹底的に叩き潰すという姿勢が気持ち悪いです。週刊文春のゲスさよ。

 

まあそんな下世話なネタに群がって視聴率や週刊誌の売り上げに貢献してる私たちがこういう世界を作っているんだろうけどね。

 

人間みんなゲスですな。

 

 

しかしやっぱりファンは切ないですよね。

自分の憧れの人の欠点を目にするのは誰でも嫌です。

中にはショックで今までの熱烈な思いが嘘だったかのように気持ちが冷めて、ファンをやめるなんて人もいると思います。

 

まあしょうがないですよね。

そういう元ファンたちに対して、スキャンダルにめげなかったファンたちの一部は「薄情だ」とか「本当は好きじゃなかったんだ」とか言ったりしますが、私はそうは思いません。

何が許せて許せないかの線引きは人それぞれだと思うので。

 

 

だけど、ファンをやめたからといって手のひら返してボロクソ言うのはどうかと思います。

 

特に「裏切られた」という意見は意味が分からない。

気持ちは分からなくもないですが、お前はその人の何を知ってんの?って。

 

芸能人がファンに見せてる顔なんてある程度作ってるに決まってんじゃん。

嫌われたら応援してもらえない=売れない=生きていけないんだから。

ファンに喜んでもらうのが彼らの仕事ですし。(もちろんハリボテではなく、心から思い行動しなければ伝わりませんが。)

 

じゃあスキャンダルは職務放棄かって言うと違って、

例えば歌手なら歌を歌うこと、役者なら演技で人々を喜ばせるのが仕事です。

だからプライベートで何があろうと、私は本人が仕事として世に発信するものにその人の芸能人としての価値があると思っています。

 

たとえ不倫をするような人間だったしても、それを世間が知らない間も売れていたということは、それだけその人になんらかの徳があるということです。人格だってある程度ないとダメでしょうし。

 

もちろん、不倫がバレたことでファンが離れ失った徳もあると思いますが。

 

だけど不倫ごとき私たちの生活にはなんの支障もありません。

特にファンでもなければ尚更。完全に当事者たちの問題です。

 

それを、テレビに映る彼らの姿だけを見て都合のいいキャラクターを作り上げ、いざその理想像をぶっ壊された途端に「裏切られた」と言う。

図々しい。そんなのてめーの妄想だろ。

 

さっきも言ったけど芸能人だって人間ですよ。仕事や生活が特殊なだけで、私たちと同じです。

 

これは極論ですが、彼らが世間に見せている顔、表向きに作らねばならない顔は、自分が好きな仕事を続けていくための代償みたいなもんだと思います。

 

例えば声優界の話なら、杉田智和さん曰く、「最近の若手声優さんはフリートークにも台本があってキャラ作りするよう言われている。」らしいです。

 

こうやって芸能人としての自分のキャラを作ることでやりたい仕事ができるというのもあるんですよ。

 

だからプライベートのことでそんなに叩くなって感じ。

私たちは彼らのことなんにも知らないんだから。

 

今はいろんなものが飽和状態で、作品を作る側の方々は本当に大変だと思います。

声優の話ばっかりでアレなんですが、昔は声優として世に出るのは自分の声と演技だけだったのが、今は顔出し当たり前、ラジオやイベントでのトーク力もかなり求められます。

 

求められるレベルが高過ぎますわ。

大変ですね。なんだか私が死にたくなってきました。

 

 

 

ゴシップニュースが減りますように。