読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レイラの浮世戦闘日記

日常と戦い過ぎて疲れ果てた21歳ニート。ゆとりとさとりのこじらせ女子。思ったことをつらつらと。

第4回銀魂キャラクター人気投票結果感想 〜1位から10位篇〜

f:id:ukiyoreira:20160601033924j:image

銀魂、4回目の人気投票の結果が出ましたね!

10位圏内は万事屋、真選組、攘夷陣、神威と人気キャラクターで綺麗に並びましたね。

1位はもちろん、坂田銀時
さすが我らが主人公、4回連続首位獲得です。この人は言うまでもない。格好良い。

2位土方十四郎3位沖田総悟も不動ですが、今回はさらば真選組篇を踏まえ控えめなコメントが素敵です。この2人も言うまでもないです。
というか作品全体として見せ場が多過ぎてまとまりません(笑)
個人的に土方はなんだかんだ世話焼きなところが好き。
沖田は普段あんなんでも自分の護るものをしっかりと見据えているというギャップが好きです。

4位高杉晋助
この人も不動だな。全然登場しないのに第1回から大人気ですからね。
私はこれまで高杉のイメージは何がしたいのかわからない狂人だったのでイマイチ人気な理由がわからなかったんですけど(まあビジュアルが大きいとは思いますが)、暗殺篇で過去が暴かれたことにより彼の人間らしい部分が見えて大好きになりました。

5位桂小太郎
なかなか高杉に勝てないのは、あなたがクールで格好良いフリして電波だからだと思います(笑)
ですが、派手ではないが一歩引いて全体を俯瞰できるのが彼の良さ。「逃げの小太郎」らしい順位だと思いました。

6位神楽7位神威
兄妹並びました〜!ほっこり。
神楽ちゃんは前の記事でも言ったように、ゲロ吐いてもやっぱり最強のヒロインです!
そして神威ですが、彼も初登場から安定して大人気ですよね。ですが私、高杉と同じで彼についてもイマイチ好きになれなかったんですよ。やはりビジュアルで持っていってる部分が大きいし、何よりも、夜兎の本能の塊で戦闘において強過ぎるところが非の打ち所がない感じがして。
ですが、この洛陽決戦篇において家族との確執と自分の過去を清算できたことで強さの裏に隠した本心がわかり、本当はめっちゃいい子やん、と思って大好きになりました。

9位近藤勲
キター!初10位圏内おめでとう!!
さらば真選組篇かっこよかったなぁ。
銀時が屯所から去っていく近藤さんの表情を松陽先生と重ねていたのが印象的でした。それだけ器がデカいんだよね。あの鴨太郎をも受け入れてしまうくらいですし、凄い人格者です。
私は結婚するなら断然この人ですが、もちろんお妙さんとの仲を応援します♪
うん、もう大丈夫だろ。いけるよ。
なんだかんだお妙さんあなたのことめっちゃ好きだから。

10位坂本辰馬
っしゃー!またまた10位圏内おめでとう!!
近藤さんに引き続き、器のデカい男part2でございます。
普段宇宙にいるせいでドシリアスパートに突入するも出番0でしたが、洛陽決戦篇、そしてその前の陸奥との出会いの話では格好良いところたくさん見せてくれました。
バカに見えてもちゃんとしているのが辰馬なんですよね。
村塾トリオ(銀時高杉桂)はきっと辰馬に出会ってなかったら大変だったと思います。
ポジティブな潤滑油的存在の辰馬、大好きです。



以上、10位圏内の感想でしt「ちょっと待てェェェェ!!!」

はい、脳内に激しいツッコミがCV阪口大助で聞こえてきたところで紹介します。

いやいや忘れてたんじゃないよ。ためてたんだよ。

だってお前・・・




f:id:ukiyoreira:20160601043157j:image
     ドーンッ!

     4回連続ミラクル8位
            志 村 新 八

いや、どんだけぇーーーー!!!
これにはだいぶ笑いました。
しかも898票で8多過ぎだしね。

本人も仰っているように皆さん狙ってますかって話(笑)
さすが銀魂クラスタですね。
お前ら最高だよ。

真面目な話をすると、銀魂の登場人物で一番成長したのは新八だと思います。
1年間レジ打ちも覚えられない鈍臭い男の子が、今や宇宙最強の傭兵部族の夜兎と渡り合ってますからね。
と言うか、新八って元々道場の息子だし一般人よりは強いんだけど、周りが化け物だから霞むんですよね(笑)神楽は女の子なのに夜兎だし。
彼、レジ打ちの才能は皆無だと思いますが剣はちゃんとやってきて、だけど周りのレベルが高いから必死に追いつこうと頑張った結果、いつの間にか化け物側の人間になってるっていうのが凄い。


【まとめ】
冒頭でも少し触れましたが、今回の10位圏内は、将軍暗殺篇、さらば真選組、洛陽決戦篇の各シリアスパートで活躍しスポットの当たったキャラクターが占めるという納得の結果となりました。

そして何よりも新八、8位おめでとう。


11位〜20位篇へ続く。