読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レイラの浮世戦闘日記

日常と戦い過ぎて疲れ果てた21歳ニート。ゆとりとさとりのこじらせ女子。思ったことをつらつらと。

第4回銀魂キャラクター人気投票感想 〜11位から20位篇〜

銀魂 オタク

f:id:ukiyoreira:20160601224616j:image

11位から20位の感想です。
※ネタバレ大いにあり注意

11位、初登場斉藤終
やっぱり食い込んで来ましたねー終兄さん!アフ狼回からの登場にも関わらずこの順位です。
彼もビジュアル文句無し。そして無口過ぎるくらい無口なのに実は結構面白いキャラっていうギャップがいいですよね。
エリザベスとのやりとりには笑いました。

12位月詠
さすがツッキー、初登場から安定した人気っぷりです。
このシリアスに入ってから全く登場していないのでちょっと驚きましたが、愛染香篇の反響かなと思います。
私はクールビューティへの憧れから月詠はドストライクなので嬉しい限りです♪
あと関係ないけど空知先生ツッキー大好きだよね(笑)

13位吉田松陽
あああ、松陽先生。言わずもがなです。
私は先生の顔が隠されていた頃から銀魂を読んでいるので、こうして人気投票に顔出しでランクインしているところを見るとなんだか感慨深いですね。
松陽先生の「人を生まれながらに弱さを抱えてくる生き物でそれは変えられないけれど、そんな自分を変えるために抗うことはできる」という考え方が好きです。

14位山崎退
終兄さんに負けちゃいましたね(笑)
なんかもう、山崎らしいというか。微笑ましいです。
今回の人気投票前、彼については他のどのキャラクターよりも衝撃的な事実が暴かれました。
まず、現在32歳であること。(ちなみに近藤さんは28歳、土方は27歳です。)
近藤さんより歳上ェ・・・4つも・・・
山崎の年齢についてはずっと気になってた方も多かったと思うんですけど、まさかの32歳には、23歳の間違いじゃないの?!と、今まで築いてきた何かが崩れ落ちるような気がしました。
どんだけ童顔だよ・・・
そして!真選組に加わる前の彼の姿。
モヒカンチンピラって!しかも緑!
いやー、荒れてたんですねぇ。結構強いようでしたし。
2年後篇や入れ替わり篇のときに柄が悪くなっていたのは実は昔のスタイルに戻っていただけだったんですね(笑)
物凄い変わりようです。

15位定春
あらゆるところでGJ過ぎる犬、定春。
洛陽決戦篇でも大活躍です。
空知先生は最初、定春はイベントキャラクターのつもりで、初登場後、神楽と別れさせる予定だったそうです。
なのにいつのまにか一緒にいたそう。
今では立派な万事屋一家、お登勢一家の一員ですね。
動物というのはただでさえ見えないものに気付きやすい上に、定春は人の言葉までわかる知能の高い犬ですから、きっと銀時が抱える闇もひっそりと汲み取っていたりしたのかなぁと思います。

16位今井信女
のぶたす〜。さらば真選組篇で沖田と剣を交えながら流した涙、異三郎との過去、そして別れと、本当に切なかったです。
初登場時は虚ろだった瞳にも今では人間らしい熱が入り、とっても魅力的な女の子になったと思います。

17位空知英秋
毎度毎度、なんで作者がランクインしてんだよ(笑)
私は銀魂と同じ時代に生まれたことが本当に嬉しいですし、誇りに思います。こんなに素晴らしい作品を作ってくださった空知先生、本当にありがとうございます。

18位志村妙
18歳とは思えないほどしっかりしているお妙さん。一般人ながら腕も相当立ちます。次世代のかぶき町の女王になる日もそう遠くないことでしょう。
喜喜の暴行に対し、自分の身を顧みず仲間のため反抗した姿がかっこよかったです。
本当に、いい意味で男前な女性ですね。
彼女の笑顔が咲くかぶき町に、またみんなが集まり笑い合える日が来ることを祈っています。

19位徳川茂茂
なんて言ったらいいか・・・悲しくて言葉が見つかりません。
将軍登場回=神回と言われるほど、たくさんの爆笑シーンを生み出してくれた将ちゃん。
罰当たりにも程がある扱いにも一切怒らない、いい人過ぎるくらいいい人でした。
将ちゃんが亡くなってしまうことに関して私はちょっとだけ予想してたのですが(普段忘れがちですが、銀魂の舞台は幕末という動乱の時代ですし、話が進むにあたり何もないわけがないなと)、わかっていてもキツイですね。
今になっては将ちゃん登場回を素直に笑って観られません。
3/6に両国国技館で行われた銀魂晴祭り2016(仮)では、茂茂が亡くなるシーンのアフレコで会場中からすすり泣く声が聞こえ、終わった後茂茂役の小野友樹さんも涙していらっしゃいました。
たくさんの人々に愛される将軍、徳川茂茂さん。今まで本当にお疲れ様でした。あなたが将軍で良かった。

20位エリザベス
この人(?)の男気半端ないですよね。見た目こんななのに。まあ中身おっさんなんだけど。ツッコミ所いっぱいだけど。
桂は銀時曰く"詐欺師"ということで、エリーも言葉巧みに桂一派の仲間入りをさせられてしまったにのでしょうが、彼は攘夷よりも桂の生き様に惚れて一緒にいる方が大きいという感じがします。
でもあの会話スペックで副リーダーは凄い(笑)キレ者なんでしょうな。
桂の隣に何も言わず(物理的にも)寄り添いながらも、時に反抗し、家族のような存在であることは、桂にとって救いとなっていると思います。


【まとめ】
11位から20位も納得の順位でした。
終兄さん大好きなので嬉しいです。真選組が出てくるのに斉藤一のモデルキャラがいないって、珍しいなと思っていたので。やー、もっと早いうちから登場してほしかったなぁ。
そしてツッキーは完璧にヒロインだなぁと実感。愛染香篇めちゃくちゃ可愛かったもの・・・銀時への恋心は一旦ああいう形に着地したようですが、ある意味スタートでもあると思うので、個人的に頑張って欲しいです。

21位から30位へ続く。